リサイクル業者が取り扱う様々な回収分野~価値のあるものを探せ~

金額はまちまち

不用品回収にかかるコスト

不用品回収や粗大ごみ回収を利用しようする人々が増えている。 料金については回収品の内容によって、数千円から数万円まで金額はまちまちであるが、商品1つあたり1000円から5000円前後が目安となる。 これにプラス基本料金、解体作業費、階段料金などが別途かかる。 但し、自治体の回収に比べメリットが多いのも事実である。 まず、引火性があったり、危険のもので無い限り、ほとんどが回収の対象となることである。これは、かなり制限が設けられている自治体とは大きく異なるところである。 そして、不用品回収の日時もユーザーの都合の良いスケジュール通りにできる点も大きい。業者の数も多いため、ユーザーの不便が無いように、業者側がかなり対応してくれる。

回収業者の過去からの変遷

不用品回収についてはここ最近、業者数も増えている。これはユーザーのニーズが増えてきた証拠でもある。 以前より法人は不用品回収業者を利用するケースが多かった。定期的に業者へ依頼して回収してもらうケースである。法人は備品など定期的に不用品を廃棄する必要があるため、これはある意味当然の流れであった。 ところが、ここ最近は個人ユーザーでも不用品回収業者を利用するケースが増えてきている。引越をする際などの転居時に利用する人や住む人がいなくなった実家の整理など、様々な目的で利用されている。特に核家族化、少子化などにより実家に住む人がいなくなったための不用品回収は今後も増えていくと思われる。不用品回収業者もそうしたニーズに応えるために様々なサービスが出てくると考えられる。

ページのトップへ戻る